キャッシング即日:任意整理による借金整理

債務整理の中でも任意整理と呼ばれる方法は家族に内緒で借金をしてしまったという人からも選択されています。

債務整理の中には家族に内緒で行うのが難しいものもあるのですが、任意整理は家族や会社にも知られずに借金問題を解決することができる方法です。

特定調停や自己破産とは違って裁判所を介さずに債務者と債権者が話し合い、今後の返済について決めていく方法が任意整理となります。

例えば、現在は毎月の返済額が5万円であるものの、どうしてもそのまま返済を続けていくのが厳しいというケースもあるでしょう。 その場合、任意整理をすることによって毎月の返済額を3万円に変更してもらうことなどが可能です。

話し合いによって内容は変わるのでどのような交渉が認められるかというのは個人差がありますが、利息や遅延損害金を減免してもらうことも難しくありません。

ただ、任意整理は全ての借金がなくなるわけではないということを理解しておきましょう。 そのため、任意整理が終わったあとも返済は続けていく形になります。

また、裁判所を通さない交渉であるということからも分かるように、債務者が個人的に交渉をしたとしてもうまくいかないケースがほとんどだと言えるでしょう。

当然ながら債権者側も法律に関する詳しい知識をもって交渉に挑んでくるわけなので、素人の知識では全く話にならないことも考えられます。

そう考えるとどうしても弁護士や司法書士といった専門家の力が必要です。 自分で任意整理をする場合は取り立てをされる中で交渉をする形となりますが、弁護士に任意整理を依頼すると債務者に対して取り立てができなくなります。

毎日の取り立てに悩んでいるという方も弁護士に相談をしてみてはどうでしょうか。

それから任意整理では官報に名前が掲載されることもなく周りに債務整理をしたことがバレにくいのですが、信用情報機関に事故情報が登録されるという点は他の債務整理方法と同じです。

そのため、約7年間は新規での借り入れやローンを組むことはできなくなります。

キャッシングの審査詳細

消費者金融の中には、スピード審査や即日融資に対応しているところがたくさんあります。

銀行では審査に数日かかってしまうことが珍しくない中でなぜこのように早い審査ができるのかというと、審査に関する独自のシステムを持っているからです。

これをスコアリングシステムというのですが、このシステムを活用することにより短時間で正確な審査が行えます。

あまりにも審査結果が早く出ると本当に審査しているの?と疑問に感じるかもしれませんが、スコアリングシステムにより様々な情報を瞬時に照会できるのです。

貸金業者がお金を貸した際に何が一番怖いのかというと、返済が滞ったり、貸し倒れが発生することですよね。 そのため、貸金業者では「この人に融資をした場合、貸し倒れのリスクがないか?」ということを審査でチェックしています。

スコアリングシステムでは勤務先や年齢、性別だけでなく、過去の取引実績など様々な情報をもとにその人が信頼できるかどうかをチェックするわけです。

審査の中でも特に重視されるポイントとして、信用情報機関から入手できる情報があります。 信用情報機関とはお金に関する貸し借りの情報などが細かく記録されている機関のことです。

ここでは融資希望者が過去にどのような取引をしてきたかということがすぐにチェックできます。

例えば、他社からも借り入れをしているもののいつも延滞ばかりしているという情報があった場合、その人に融資をするのは危険ですよね。

この場合、審査には通りにくくなってしまうでしょう。

ですが、だからといってどこからもお金を借りたことがない人のほうが評価が高いというわけではないのです。 一度もお金を借りたことがないということは過去の情報では延滞なく返済してくれる人物か判断できないということでもあるので、貸す側も慎重になります。

逆に数社のキャッシングを利用しているものの、どれも取引期間が長く延滞もないという人のほうが信用される確率が高いと言えるでしょう。

ローン・クレジット・キャッシングの違い

お金を借りるといっても様々な方法があります。 銀行で借りるのか、消費者金融で借りるのかといった違いの他、どういった借り方をするのかという違いもありますよね。

借り方には大きく分けるとローン、クレジット、キャッシングといった3種類があります。 どれもお金を借りるという意味では同じなのですが、目的に応じて最適な方法が違うのでそれぞれの特徴を理解しておきましょう。

まず、ローンについてですが、これは自動車ローンや住宅ローンといったものを想像すればわかりやすいでしょう。 まとまった大口のお金を借り、それを少しずつ返済していくのがローンです。

車を買う、家を買うといった目的がはっきりしていることもあり、キャッシングに比べると利息が低い場合が多いのが魅力でもあります。 ただ、大きなお金を借りるわけなので保証人や担保を求められるのが一般的です。

次にクレジットとはなにかというと、これは個人の信用を担保にして借りるお金のこと。 例えば、代金はあとから支払うということを約束して商品やサービスを購入する契約をさすのが一般的です。

手元に現金がない状態でも買い物ができるというのは魅力ではありますが、借りているお金だということを忘れないように注意しましょう。

つい使いすぎてしまうというのもクレジットの特徴なので、あとで返済をする際に困らないようによく考えて使わなければなりません。

最後にキャッシングについてですが、これは個人向けの少額融資のことです。 キャッシング用のカードを使い、ATMなどから現金を引き出すことができます。

ローンとは違って担保や保証人が必要ない場合がほとんどではありますが、デメリットもあるということを忘れてはいけません。 それは、ローンに比べると利息が高いということ。

必要になった時にすぐに現金を引き出せるというのが魅力ではありますが、目的がはっきりしていない場合が多いために借入期間が長くなりやすいのもキャッシングの特徴です。

このページの先頭へ